マサトヰシグロシャムロック「G」

グラビアアイドルのDVDをレビューしていくブログ。

1回戦第8試合「吉木りさ×市橋直歩」

吉木りさ「蜜密」(ラインコミュニケーションズ、中北直、2011年)VS市橋直歩「好きになっても良いですか?」(ラインコミュニケーションズ、安倍雄治、2012年)

吉木りさ 001 011 010 = 4
市橋直歩 010 013 10× = 6

吉木りさ4−6市橋直歩

風呂場で触手の快打一閃!
市橋、競り合い制しラスト8強
吉木は中盤の優勢生かせず

☆得点イニングダイジェスト

【2回裏】水色下着でベッドシーン。短パン脱ぎつつM字開脚股間、尻突き出しを接写
【3回表】バーで茶色の変形ワンピース水着。開脚、四つん這いの尻を接写
【5回表】オフィスでブラウスを脱衣。緑下着の全身にクリーム塗り、胸と尻接写
【5回裏】堤防でTシャツとミニスカ脱衣。ピンク下着で四つん這い尻、あお向け股間を接写
【6回表】白地の柄物下着でベッド上ジャンプ。胸尻揺らし、あお向けで足抱え込みの股間、四つん這いの尻接写
【6回裏】ベージュ下着で入浴。謎の手に後ろから胸揉まれ、尻愛撫され。自ら開脚股間の太もも洗い
【7回裏】廃虚で黒下着。両手首を拘束されたまま座って開脚、四つん這いの尻を接写
【8回表】寝室、風呂場で黒の全身タイツ。ソファ上で尻股間強調、風呂場でローションプレー

 1回戦のラスト試合、残り1つのベスト8枠を争ったのは吉木と市橋の初出場同士。競り合いを制したのは市橋でした。
 序盤はロースコアの展開。市橋は2回に水色下着でのベッドプレーで先制。林の中での白ビキニ(3回)や屋内での横乳見せレオタード(4回)と多彩な攻めを見せましたが得点には至らず、中盤は吉木に逆転され、先行を許す厳しい展開となりました。
 重苦しいムードを払しょくしたのは6回の風呂場でした。ここで市橋は謎の手に後ろから胸揉み、尻揉みをされる思い切った攻撃を披露。自らも「違あうよう〜」と嬌声(きょうせい)を上げ、開脚して股間を強調しながら太ももを愛撫し一挙3点。2点リードを得て試合後半を優勢に進め、逃げ切りを果たしました。
 これで市橋はIV甲子園初出場初勝利。東海・北陸信越ブロック代表では唯一初戦を突破した選手となりました。準々決勝では佐々木心音と対決します。

 一方、現グラドル界ではトップに君臨している吉木。挑戦2回目にして初めて踏んだIV甲子園で飛翔したかったところですが、惜しくも初戦で姿を消しました。
 序盤はワンピース脱衣からの白下着で胸寄せなどポージング(1回)、水色タンクトップで台所に腹ばい尻突き出し(2回)と雰囲気重視のグラビアで攻めましたが得点といかず。この序盤で得点できれば、後の展開も変わったかもしれません。
 しかし吉木は中盤にかけてじわじわと加点。5回は緑下着でクリーム塗り、6回は柄物下着で尻股間強調とアダルトな下着プレーで先行しましたが、市橋の風呂場での乾坤一擲に2点ビハインド。8回の全身タイツは吉木のスレンダーボディーと相性の良さを感じさせ、内容次第では大量点も狙えましたが、ソファでのポージングも風呂場でのローションも中途半端な出来と言ったところで、1点どまりの反撃に終わりました。

 これでベスト8が出そろいました。準々決勝の組み合わせは以下の通りです。

第1試合
山口沙紀(関西・中四国・九州)×尾崎ナナ(関西・中四国・九州)
第2試合
遠野千夏(北海道・東北)×森下悠里(東京)
第3試合
大竹愛子(関東)×山咲まりな(関東)
第4試合
佐々木心音(東京)×市橋直歩(東海・北陸信越

 第1試合で関西勢、第3試合で関東勢対決が実現しました。過去の出場経験がある森下と山咲含め、全員が勝てば初めて準決勝の舞台を踏むことになります。
 さて次回は第1試合、山口と尾崎の対決です。山口は勝てば春夏連続のベスト4となりますが、実現するか?