マサトヰシグロシャムロック「G」

グラビアアイドルのDVDをレビューしていくブログ。

準々決勝第2試合「遠野千夏×森下悠里」

遠野千夏「ちかすぎて…」(トリコ、川嶋征樹、2011年)VS森下悠里「彼女の事情」(トリコ、川嶋征樹、2011年)

遠野千夏 000 210 202 = 7
森下悠里 100 301 011 = 7

※9回終了時同点のため延長戦

遠野千夏7−7森下悠里○(判定)

森下、延長で振り切る!
しぶとく攻めて連覇へM2
遠野、大逆転もつかの間

☆得点イニング&延長戦ダイジェスト

【1回裏】ベッドでタンクトップ脱衣し水色下着。強い胸尻つかみ接写
【4回表】面積小さめの青ビキニ。食い込み直しを織り交ぜ四つん這い尻接写
【4回裏】白ビキニでマッサージ。勢いよく胸尻揺らし接写、太もも揉みで股間接写
【5回表】オレンジビキニ。階段を活用して突き出した四つん這い尻接写
【6回裏】緑のワンピース服脱衣し白下着。四つん這い、あお向けで胸つかみ
【7回表】面積小さめの白ビキニ。胸尻、足を上げさせての太もも揉みをみっちり
【8回裏】Tシャツとジーンズ脱衣し黄色下着。ローアングル尻接写、胸つかみ
【9回表】薄い黄色下着で入浴。横臥で突き出した尻、うつ伏せの尻、バスタブで突き出した股間接写
【9回裏】黒セーターたくし上げノーブラ胸つかみ、下乳接写。パンストにオレンジパンツの尻接写

【10回表】特典、メーキング。6回に披露した黄色水着がオススメとコメント
【10回裏】ピンクの変形水着。横乳接写、尻突き出しなどのポージング

 まさに粘り腰! 春夏連覇を狙う森下がベテランのしぶといたたかいぶりで遠野を振り切り、苦しみながらも準決勝進出をかちとりました。
 同一メーカー、同一監督、そして発売年まで同一という珍しい対戦となったこの試合、優位に進めていたのは森下でした。4回にいったん逆転されたものの、すぐさまマッサージでの激しい胸尻揺らしを接写で見せつけて一挙3点。その後も小刻みな加点で8回終了時に1点リードと、勝利を目前にしていました。
 しかし9回、遠野が風呂場での接写プレー連打で逆転! 森下はがけっぷちに立たされました。しかし9回裏、森下は黒セーターの下がノーブラ、その下乳を見せつけながら胸つかみを披露。この試合では全体的に胸つかみを多用した森下でしたが、最後の最後でノーブラ胸つかみの武器を駆使して同点、延長に持ち込みました。
 延長戦は意外とあっけなく決着。相手の遠野の本編ストックは底をつき、メーキングでたたかわざるを得ませんでした。延長戦での森下はピンク下着でのポージング、おとなしめの内容でしたが相手がメーキングということで余裕の判定勝ち。これで昨年秋からの予選を含めた連勝記録を8にまで伸ばしました。前人未到の連覇まであと2勝です。

 初出場ながら1回戦を大量13得点で勝ち抜き、この試合でも森下をあと一歩まで追い詰めた遠野でしたが、最後は不運で敗れ去りました。
 今回の作品「ちかすぎて…」は2011年の個人的IVランキング17位。小さめ水着の尻の食い込み直しを多用するアグレッシブな内容でしたが、序盤はその食い込み直し以外は演出の爆発力に欠けた印象が目立ち、3回まで無得点に。
 しかし得点した4イニング中、2得点が3イニングという力強い攻めは森下を苦しめました。マッサージで開脚股間接写、風呂場での尻股間接写と要所で接写プレーをたたきつけ、9回の土壇場で大逆転。しかしその裏の森下の反撃を止めきれず延長戦、本編ストックを切らした遠野に力は残っていませんでした。
 不運の負けを喫した遠野でしたが、2年連続個人的IVランキングベスト20入りの底力は見せつけました。IVのストックが少ないため、IV甲子園参加は来年夏予選以降となりそうですが、ぜひ一回り大きくなっての復帰を期待しています。

 さあ準々決勝も後半戦、次は大竹愛子(関東)×山咲まりな(関東)という関東勢同士の対決です。