マサトヰシグロシャムロック「G」

グラビアアイドルのDVDをレビューしていくブログ。

東ブロック予選第4試合「吉木りさ×長瀬麻美」

長瀬麻美「ぷるるんはーと」(メディアブランド、宇田マサル、2010年)VS吉木りさ「もっと近くに」(竹書房、川嶋征樹、2012年)

長瀬麻美 001 100 110= 4
吉木りさ 100 200 100= 4

吉木りさ(千葉)4−4長瀬麻美(青森)●
※延長戦判定

 東ブロック予選も折り返し地点、ここから北海道・東北ブロック勢が3試合連続で登場します。そのトップバッターが、一昨年のセンバツで見事優勝した水谷彩也加改め長瀬麻美。2年ぶりの春出場をめざしましたが、吉木との接戦の末に敗れました。

 序盤は吉木優勢でした。初回に白ビキニのバストを机に擦りつけプレー、尻を高く掲げた四つん這いとまとめて1点先制。4回にはレ0タード姿で大胆な開脚、尻突き出しをしながら飴舐めという複合技で2点を挙げてリードを保ちました。
 しかし長瀬は一昨年春の女王、粘り強いたたかいで食い下がりました。3回には藍色ビキニでフラフープ、輪っかを使って胸揺らしを披露し1点を返し、4回には小さめTシャツの下乳揺らしで一時リードを奪いました。1点ビハインドで迎えた8回、チューブビキニ姿でクリームプレー、胸寄せしつつ、上目使いで指をしゃぶる演技を見せて同点に追いつきました。

 その後は双方とも勝ち越しができず、予選初の延長戦に。行方が注目されましたが、長瀬の方は本編が尽きてメーキングに。本編の残っていた吉木は、ソファの上で勢いよく突き出した尻をローアングル接写するなどの演出を見せ、優勢勝ちを収めました。
 これで吉木は夏春連続出場が決定的に。春は初出場となります。ちなみに、この吉木の勝利で今大会は千葉県出身の代表選手が3人となりました。(吉木、ランキング枠代表の柏木美里滝川綾

 そして次回は西ブロック予選、最後の試合となります。何と通算3回目の対戦となる西田麻衣(京都)×松本さゆき(三重)。これまでは西田の2戦2勝ですが、今度は松本のリベンジなるのか?