マサトヰシグロシャムロック「G」

グラビアアイドルのDVDをレビューしていくブログ。

開幕戦・Aブロック第1試合「歩りえこ×今野杏南」

今野杏南「あんな女」(学研、ノムラヨシキ、2013年)VS歩りえこ「トワ・エ・モア」(晋遊舎、押尾英木、2013年)

今野杏南 100 002 300= 6
歩りえこ 002 000 002= 4

今野杏南6−4歩りえこ

鮮やか集中攻撃!
今野逆転で8強一番乗り
最年長歩、中盤に拙攻

★得点イニングダイジェスト

【1回表】今野、ベッドで灰色下着。カメラに胸押しつけ、リズミカルに上下運動の胸揺らし
【3回裏】歩、プールでTバック競泳水着。謎の手のマッサージ、M字開脚股間の付け根や四つん這い尻を愛撫
【6回表】今野、黄色の眼帯ビキニでマッサージ。太ももを揉まれ喘ぎ悶絶、胸を勢いよく押し上げ
【7回表】今野、風呂場で柄物ビキニ。謎のブラシで胸揺らし、セルフで下から胸突き上げ揺らし、バスタブ上で尻スライド・グラインド
【9回裏】歩、風呂場でTバック競泳水着。ローションプレー、バスタブ上で広角開脚

 記念すべき第3回IVセンバツの開幕戦。初出場同士の対戦は、今野が鮮やかな逆転勝ちを収め、準々決勝一番乗りを果たしました。
 今野は初回、灰色下着の豊満なバストをカメラに押し付けたり上下運動で揺らしたりのテンポよい攻めで1点先制。幸先よい出だしでしたが、追加点がなかなか出ず。謎の手による緑ビキニの胸尻スキンケア愛撫(2回)、謎の指先による太ももの付け根愛撫(5回)と「謎」絡みの演出で突き放しを図ったものの、決定的な得点ポイントがあったと言えずいずれも無得点。その間に歩に逆転を許す苦しい展開となりました。

 しかし終盤、マッサージ(6回)と風呂場(7回)という良シチュエーションで今野のセクシー演技が爆発しました。マッサージでは謎の手の愛撫に「ああん」「おうっ」と甲高い声で喘ぎ立て歩を逆転。風呂場ではノムラ得意の演出である突き上げ胸揺らしをかなりの長時間披露した上、バスタブ上で尻を前後左右に滑らせる定番をきっちり決めて一挙3点のビッグイニング! 最大4点のリードを守り切りました。

 東ブロック予選では前年春王者の森下悠里を破った最年長・歩でしたが、本大会では初戦で涙をのみました。
 3回はトレードマークのヒップを強調したハイレグ競泳水着のマッサージで悶絶、2点を挙げて逆転。しかしその後は緑下着でポージング(5回)、盗撮風演出で白下着露出(7回)などの攻めを見せるものの、今回の作品は総じてチャプターごとの時間が短いこともあってか盛り上がる前に終了した印象に。追加点を挙げられず、今野の逆襲を受けました。しかし最終回に再び競泳水着でローションプレーを見せ反撃、2点差に迫る意地を見せました。

 次回は今野と当たる相手が決まるAブロック第2試合、吉木りさ(千葉)×柏木美里(千葉)千葉ダービーを送ります。