マサトヰシグロシャムロック「G」

グラビアアイドルのDVDをレビューしていくブログ。

松嶋ゆうこ「グラマラス料理研究家」(竹書房、中北直、2014年)

 フードアナリストとして活動している彼女の処女作。内容について、結論から言えば拙ブログでたびたび取り上げる「異業種もの」のトップに位置付ける…と書きたいところだが、待ったをかけたい。
 この人、森崎友紀歩りえこのように著作があるわけでなし、メディア露出が多いわけでなしでフードアナリストの実体を伴っているのかどうか…。ブログをのぞいても、あまりそれ関係の仕事の告知はないし。

 ただその辺の疑問を脇に置けば、96cmの豊満なバストを生かしたグラビアは非常に破壊力が高い。出色なのは、チャプター5の風呂場のシチューションであろう。刺激を高めるように自らの眼帯ビキニに包まれた胸をしごいて洗った後、「洗ってあげる」と囁いて相手男性の体洗いを一心不乱に両腕を動かして行うさまは有無を言わさぬエロさに満ちている。
 この後、謎の手袋に胸を洗われるのだが、最初は笑って拒絶しつつも無言で受け入れる。この展開は中北作品の定番でこそあるが、愛撫してくる相手の腕に自分の手を添える行為がおとなのエロスを感じさせる。





(いずれもチャプター5)

 ほかのチャプターでは、ピンク下着でのマッサージがやはり相手の荒々しい愛撫を受け入れるのがいい。ロデオマシンで悶絶した後の棒アイス舐めもたっぷりしたアダルトな舌使いでナイス。
 ただ全体的に尻強調の接写が少ないのが、モデルのノリがいいだけにもったいなかったかな。次回作のリリースが決定しているようなので、そっちに期待しよう(小並感)。