マサトヰシグロシャムロック「G」

グラビアアイドルのDVDをレビューしていくブログ。

準々決勝Bブロック第1試合「江頭ひなた(北海道)×永井里菜(埼玉)」

永井里菜「ロリ〜ナ」(晋遊舎、中北直、2014年)VS江頭ひなた「ひなた暮らし」(イーネットフロンティア、関谷康正、2013年)
 
永井里菜  001 220 010 =6
江頭ひなた 010 130 011×=7

江頭ひなた(北海道)7×−6永井里菜(埼玉)●

最終chでサヨナラ!
江頭、妖艶下半身で4強
永井は中盤のリード守れず

【戦評】
 年齢差9歳の対決は、年長の江頭がしぶとい試合運びで今大会初のサヨナラ勝ちを決めました。
 「ひなた暮らし」は、江頭が恋人の弟をめくるめくセクシーで誘惑する内容。2回、ピンクビキニの股間接写押しで先制。しかしその後は永井に3イニング連続得点で最大3点のリードを許す苦しい展開に。ここで繰り出したのが、江頭の持ち味である股間強調の攻撃でした。5回、ピンクのワンピース水着でバランスボール乗り。ここで開脚股間の前後運動を存分に接写させる大技を披露し、一挙3点のビッグイニング。試合を振り出しに戻しました。
 8回に再び永井のリードを許したものの、ここからベテランならではの粘り腰を発揮。8回の風呂場で、眼帯ビキニの尻をバスタブに乗せ前後運動し再び同点。そして本編の最終チャプターとなる9回裏。ここで無得点に終われば延長戦、特典映像での攻撃となり不利が予想されるところでしたが、水色下着で抱き枕を相手に悩ましい腰の前後運動を披露。勝負強くサヨナラをもぎ取りました。

 初出場での4強入りをめざした永井、中盤の攻撃で優勢に試合を進めましたが、リードを守りきれませんでした。
 先制を許した永井は、3回にエアマッサージからの胸揺らしで同点に。4回には紫ビキニの高速突き上げ胸揺らし、5回には舌先をチロチロさせながら小悪魔めいた飴玉舐めを披露して2イニング連続2得点。一時は3点リードを奪いました。
 しかし試合後半は、マッサージ+棒アイス舐めの1点のみ。江頭に終盤の反撃を許し、サヨナラ負けを喫しました。6回の中北監督定番演出の柔道着、7回の風呂場の赤ビキニで追加点が取れなかったことが響いたように思います。