NEKOSOGI SHAMROCK

グラビアアイドルのDVDをレビューしていくブログ。

1回戦全16試合の組み合わせ&優勝候補の予想を発表します

◆1回戦

Aブロック

第1試合

西田麻衣(京都27スペースクラフト)×吉木りさ(千葉29フィットワン)

第2試合

松嶋えいみ(埼玉24エーディー)×吉住はるな(埼玉32フリー)

第3試合

青山ひかる(長崎23エンターマックス)×森下悠里(東京31アッシュ)

第4試合

倉持由香(千葉25GPR)×熊田曜子(岐阜34ピラミッド)

※のっけから「死のブロック」と言って差し支えない強豪ぞろい。松嶋×吉住の埼玉ダービー、森下(第2回春)、倉持(第5回夏)と優勝経験者が早くも登場。青山は本選初白星へ三度目の正直、ベテラン熊田も連覇狙う倉持相手に奮起を期待。

 

Bブロック

第1試合

永井里菜(埼玉24ウェスタ)×村上友梨(広島24エープラス)

第2試合

鈴木ゆき(埼玉29フリー)×川村ゆきえ(北海道30テンポイント)

第3試合

小林恵美(東京33サンズ)×京本有加(新潟30シャイニングウィル)

第4試合

今野杏南(神奈川27ヴィズミック)×あさくら結希(秋田29フリー)

※中堅とベテランが占める渋いブロック。永井×村上は昨年夏に続く顔合わせ。前回は永井が7-5で逆転勝利。4年ぶりの夏で結婚を発表した業師・京本はブロック最年長の小林と争う。

 

Cブロック

第1試合

手島優(栃木34プラチナム)×為近あんな(奈良24レポット)

第2試合

川崎あや(神奈川2501ファミリア)×水樹たま(埼玉31フリー)

第3試合

柳瀬早紀(千葉28テンポイント)×鈴木ふみ奈(埼玉26ポケット)

第4試合

鎌田紘子(東京非公表エンカウンター)×唐沢りん(大阪28アヴィラ)

※新鋭の顔触れが多いブロック。昨夏8強の水樹は今年のミスFLASH川崎と対決。4年前の夏覇者でバスト96cmの鈴木は、大会最大バストを誇る柳瀬と超重量級の争い。今春初戦敗退の唐沢は、2年前春の4強・鎌田相手に初白星をめざす。

 

Dブロック

第1試合

伊藤えみ(三重33ブレイクアレッグ)×原幹恵(新潟29オスカー)

第2試合

小柳歩(神奈川25UTY)×川原洋子(埼玉36フリー)

第3試合

十枝梨菜(東京24ボルド)×秦瑞穂(長野27エヴォカット)

第4試合

杉原杏璃(広島34フィットワン)×佐山彩香(神奈川23GPR)

※今年上半期の個人的ランキング5位の小柳は、11歳上で大会最年長のレジェンド川原と対戦。実に4年半ぶりにIV甲子園本選の土を踏むベテラン杉原は、春夏連続出場で3年前春4強、11歳下の佐山と争う。

 

 あわせて今大会の優勝候補の予想を挙げます。

本命…鈴木ふみ奈

対抗…倉持由香鈴木ゆき、小柳歩

ダークホース…吉木りさ、唐沢りん

大穴…村上友梨杉原杏璃

※本命に挙げたのは鈴木ふみ奈。4年前夏に優勝、2年前夏に準優勝ととにかく夏に強いグラドルの1人。出場そのものも4季ぶりとあって作品のストックも豊富で、戦力的には最もスキのない選手だと思います。

 対抗馬には3人。その筆頭は昨夏優勝、今年連覇を狙う倉持。鈴木と比較するとストックが若干少ないのがネックですが、ブレイク後も質の高いDVDをリリースし続けている点から評価は高い。今春準優勝した伊藤菜ノ香に1回戦で延長までもつれる名勝負をした鈴木ゆき、個人的IVランキング今年上半期5位につけた小柳も、実力面から対抗馬に挙げてよいでしょう。

 ダークホースは2人。開幕戦でIV甲子園通算8回目の出場となる西田と対戦する吉木は「楽園」「失楽園」といった良作をストックしていることもあり、強敵との初戦を制すれば波に乗る可能性があります。春夏連続出場の唐沢も、2年前の4強・鎌田という初戦を乗り越えれば一気に上位進出の可能性が高まるでしょう。

 大穴は奇しくも広島県出身の2人。ここまで5戦連続初戦敗退の憂き目を見た村上ですが、昨夏の対戦で敗れ涙をのんだ相手である永井から白星を奪い取ればがらりと台風の目となる可能性は出てくるでしょう。キャリアがありながら8季連続してIV甲子園本選の土を踏めずにいた杉原も同様、11歳下の佐山に勝てば大いに波に乗る目も出てきます。

 

 そんなこんなで暦も8月となりました。これからリアルでも甲子園の熱いたたかいが繰り広げられますが、記念大会となる第6回IV選手権に対しても、多くの方々が注目していただければ幸いです。