NEKOSOGI SHAMROCK

グラビアアイドルのDVDをレビューしていくブログ。

1回戦前半8試合の結果&今野杏南「あんな小説家」(竹書房中北直監督)

 ごぶさたしております。

 ひっそりと始めて続けております「第6回IV選手権」、1回戦16試合のうち9試合まで消化しました。ツイッターでも逐次結果を紹介しておりますが、拙ブログでは前半にあたる8試合分のスコアをざっとまとめてみました。

第1試合

西田麻衣(京都2年連続5回目)「あふれるまいプリン」(竹書房)6-4吉木りさ(千葉3年ぶり2回目)「セキララ*彼女」(晋遊舎)●

西011011101=6

吉000100300=4

第2試合

○松嶋えいみ(埼玉初)「純愛レッスン」(晋遊舎)6-5吉住はるな(埼玉初)「春嫁春情」(ラインコミュニケーションズ)●

松000001221=6

吉111002000=5

第3試合

青山ひかる(長崎初)「ずっとアイして…」(イーネットフロンティア)10-4森下悠里(東京3年ぶり3回目)「YOGA-MAX」(イーネットフロンティア)●

青102021220=10

森010101010=4

第4試合

倉持由香(千葉2年連続2回目)「パンチュ。」(ピコシェ)2-0熊田曜子(岐阜初)「天照」(晋遊舎)●

倉000020000=2

熊000000000=0

第5試合

永井里菜「秘密のデート」(シーズン)3-8村上友梨(広島4年連続4回目)「みすどエンドレスサマー」(MBD)○

永000201000=3

村01220201×=8

第6試合

鈴木ゆき(埼玉初)「濡尻」(グラッソ)7-2川村ゆきえ(北海道3年連続3回目)「ずっと好きだった…」(シーズン)●

鈴001023100=7

川000100100=2

第7試合

小林恵美(東京初)「美貌の果実」(ラインコミュニケーションズ)1-3京本有加(新潟4年ぶり2回目)「有罪」(ラインコミュニケーションズ)○

小000000010=1

京00010110×=3

第8試合

今野杏南(神奈川2年ぶり2回目)10-0あさくら結希(秋田初)「ゆきのモト」(グラッソ)

今010110223=10

あ000000000=0

 

 これらの試合を経て、2回戦の前半部分の対戦カードは以下のように決まりました。

第1試合

西田麻衣(京都)×松嶋えいみ(埼玉)

第2試合

青山ひかる(長崎)×倉持由香(千葉)

第3試合

村上友梨(広島)×鈴木ゆき(埼玉)

第4試合

京本有加(新潟)×今野杏南(神奈川)

※前回夏の優勝者倉持は、三度目の正直で初戦突破を果たした青山と激突。6度目の挑戦で悲願の初白星を挙げた村上は、実力者の鈴木と8強をかけて争います。

 

 ただ結果をなぞるだけなのもなんなんで、ここで1人だけ勝利選手の作品のレビューを少しだけやろうと思います。

 ピックアップしたのは今野杏南の「あんな小説家」。この作品で今野は、IVセンバツで2年連続8強(2013-14)の実績を持つ、あさくらを10-0で下しました。5年になるIV甲子園の歴史において、2ケタ得点と同時に完封勝利を果たした快挙は今野が初めてです。

f:id:masa10ishi96sham69:20160918010637j:plain

(「あんな小説家」第7チャプターから)

f:id:masa10ishi96sham69:20160918011131j:plain

(「あんな小説家」第8チャプターから)

f:id:masa10ishi96sham69:20160918011454j:plain

(「あんな小説家」第9チャプターから)

 この試合での今野は7、8、9の終盤3イニングで合計7得点を荒稼ぎしました。

 7回は、体操のボールにまたがっての高速上下動胸揺らし。

 8回は、眼帯ビキニの胸を下から高速で突き上げ揺らすなどのさまをみっちり接写しました。

 9回は定番のマッサージで、豊満な胸をつかみ揺らされ甲高い声を発する艶のあるリアクションでビッグイニングを演出しました。

 特に個人的にお勧めしたいのは8回の風呂場のシーン。前述した高速胸揺らしの迫力もさることながら、直後の体を折りたたんでの足洗いが濃厚なエロスに満ちています。上から2枚目の画像を参照してくれればと思いますが、右足を豪快に開脚して足を洗いつつ尻をカメラに突き出す。同時にバストを太ももにぐにゃりと音がするような勢いで押し付けているのが分かると思います。かつ今野はカメラを振り返って視聴者を挑発するような目つきをくれているというね。

 1シーンで3つおいしい、アイドルDVDのセクシー演出のだいご味が今野の体洗いの場面に詰まっているといっても過言ではないでしょう。

 今野は春夏通算で4回目のIV甲子園出場。過去の最高成績はベスト8(2回)ですが、今回の大勝で一気に大会を盛り上げるダークホースの存在となったかと思います。

 

 第6回IV選手権は現在も絶賛開催中。ツイッターで逐次試合経過を実況しておりますので、ぜひご注目のほどよろしくお願いします。