マサトヰシグロシャムロック「G」

グラビアアイドルのDVDをレビューしていくブログ。

準々決勝第4試合「永井里菜(埼玉)×清水みさと(奈良)」ベスト4出そろう

清水みさと「大好き!みさと先生」(イーネットフロンティア)VS永井里菜「夏色」(竹書房

清水みさと 021 000 125=11
永井里菜  001 310 103=9

永井里菜(埼玉)9−11清水みさと(奈良)○

最終回にドラマ!
変則マッサで清水大逆転
永井に春夏4強の壁

★得点イニングダイジェスト
【2回表】清水、風呂場の眼帯ビキニで胸揺らし
【3回表】清水、ピンクのノーブラジャケでアイス舐め
【3回裏】永井、青ビキニでY字開脚
【4回裏】永井、ストライプ眼帯ビキニで胸揺らし
【5回裏】永井、ノーブラワンピースでの胸尻揺らし
【7回表】清水、水色下着で尻ヒクヒク
【7回裏】永井、ピンク水着で棒アイス舐め
【8回表】清水、風呂場で執拗な胸揺らしと上下運動
【9回表】清水、ピンクビキニで4本腕による変則マッサージで悶絶
【9回裏】永井、水色ビキニで執拗な尻マッサージ

【戦評】
 準々決勝最期の試合、それにふさわしい大接戦と最終回のドラマが待っていました。
 清水が胸揺らしとアイス舐めで序盤はリード、しかしセンバツ8強の永井が地力を発揮して猛反撃。Y字開脚接写やノーブラ胸揺らしを執拗に見せつけるプレーで逆転し、中盤はリードを保ちました。
 そこから清水が驚異の巻き返し。風呂場のシチュエーションでこれも執拗な胸揺らしと上下運動という派手な攻めで試合は振り出しに。そして最終回、清水は猛攻。ピンクビキニの体を後ろから羽交い絞めにされていいように胸を揉まれ悶絶…という名シーンを繰り出し、1イニング5得点をたたき出して試合を決しました。
 永井も9回裏に5点差を追いかけ濃厚なマッサージを披露しましたが、清水のインパクトにはかなわず敗退。2年連続のベスト8という記録は残したものの、4強の壁を乗り越えることはできませんでした。

【敗者の足跡】
永井里菜(関東ブロック代表)

予選 ○5−2吉木りさ(千葉)●
1回戦○7−5村上友梨(広島)●

 これで準々決勝の4試合がすべて終了し、準決勝の組み合わせが決まりました。

準決勝
第1試合
清水みさと(奈良)×菜乃花(広島)
第2試合
倉持由香(千葉)×佐倉仁菜(北海道)