マサトヰシグロシャムロック「G」

グラビアアイドルのDVDをレビューしていくブログ。

決勝戦「菜乃花(広島)×倉持由香(千葉)」

菜乃花「ななななナノカ」(エアーコントロール)VS倉持由香「桃尻彼女2」(ラインコミュニケーションズ)

菜乃花  111 021 030 =9
倉持由香 001 011 331×=10

菜乃花(広島)9−10倉持由香(千葉)○

優勝 倉持由香(初)
準優勝 菜乃花

初のサヨナラ優勝!
倉持執拗な下半身責め結実
菜乃花胸責めで終始優勢も涙

★得点イニングダイジェスト
【1回表】菜乃花、ナース服脱衣でピンク下着の胸揺らされ
【2回表】菜乃花、ワンピース脱衣し黒下着の胸揺らし
【3回表】菜乃花、風呂場での眼帯ビキニの胸揺らし
【3回裏】倉持、ピンクパンツの尻接写
【5回表】菜乃花、ピンク下着の執拗な胸揺らし
【5回裏】倉持、穴開き競泳水着の尻接写
【6回表】菜乃花、青のハイレグ水着で上下運動
【6回裏】倉持、白ふんどしの尻をばちで叩かれ悶絶
【7回裏】倉持、ベッドで白下着の尻を揉まれヒクヒク揺らし
【8回表】菜乃花、赤ドレスで上下運動胸揺らし
【8回裏】倉持、黒下着で喘ぎながら上下運動
【9回裏】倉持、赤下着で棒アイス舐め

【戦評】
 第5回IV選手権の頂点に立ったのは倉持!春夏の大会合わせて通算9回目の決勝戦で、初めてサヨナラ勝ちで優勝をかちとりました。倉持は序盤こそ菜乃花にじりじりとリードを許す苦しい展開でしたが、7回、8回と持ち前の下半身を強調した濃厚な攻めで連続ビッグイニングをつくり同点。最終回は棒アイス舐めで初の勝ち越し点を挙げ、深紅のグラビア優勝旗を手にしました。
 3試合連続の2ケタ得点を挙げ乗っていた菜乃花。この決勝戦も終始優位の試合運びを見せましたが、倉持の猛反撃にやられました。序盤から持ち前の90cmバストを生かした揺らし責めでリードを広げ、8回には赤ドレスからの執拗な上下運動胸揺らしを披露するビッグイニングで勝負あったかと思わせましたが、広島に初のグラビア優勝旗を持ち帰ることはできませんでした。しかし、本選での合計得点52点は過去最高記録であり、猛打を振るった活躍ぶりは胸を張ってしかるべきものです。

【優勝者の足跡】
倉持由香(関東ブロック代表、GPR所属)

予選  ○7−0谷桃子(茨城)●
1回戦 ○13−5佐々木麻衣(徳島)●
準々決勝○3−2水樹たま(埼玉)●
準決勝 ○13−4佐倉仁菜(北海道)●

【敗者の足跡】
菜乃花(関西・中四国・九州ブロック代表、フィットワン所属)

予選  ○5−4杉原杏璃(広島)●
1回戦 ○14−12平塚奈菜(東京)●
準々決勝○11−3戸田れい(東京)●
準決勝 ○18−3清水みさと(奈良)●