無料カウンター

マサトヰシグロシャムロック「G」

グラビアアイドルのDVDをレビューしていくブログ。

1回戦第4試合「戸田れい(東京)×矢野清香(三重)」

戸田れい「欲望の対象」(ギルド)VS矢野清香「ささやかなギフト」(イーネットフロンティア)

戸田れい 220 000 120=7
矢野清香 001 002 200=5

戸田れい(東京)7−5矢野清香(三重)●

3年ぶり勝利!
初代女王戸田競り勝つ
矢野光った終盤の反撃

★得点イニングダイジェスト
【1回表】戸田、メード服で四つん這い飴舐め。白下着の尻振り接写
【2回表】戸田、風呂場での白ワンピース水着でローションプレーの尻接写
【3回裏】矢野、風呂場でのピンクの眼帯ビキニで胸揺らし
【6回裏】矢野、オフィス内でYシャツ脱衣。黒下着でM字開脚とバストキス
【7回表】戸田、白ヌーブラ姿で棒アイス舐め。体中にアイスを垂らされ悶絶
【7回裏】矢野、緑下着でマッサージ。胸揺らしと四つん這い尻愛撫
【8回表】戸田、赤下着でM字開脚交えながらスティック飴舐め

 遡ること4年前、栄えある第1回IV選手権の優勝を獲得し、かつ今年まで5年連続で本選出場という前人未到の記録を打ち立てた戸田。しかし一昨年、昨年と初戦敗退という屈辱を味わいました。三度目の正直と言える今回の試合も苦しい展開でしたが、見事に3年ぶりの8強進出を決めました。
 初回に四つん這いからの濃厚な飴舐め、2回には風呂場でのローションプレーと戸田の得意分野と言える演技で早々に4点先行。快勝かと思われた矢先、中盤は無得点が続く拙攻。そのうちに矢野の猛反撃で試合を振り出しに戻してしまいますが、終盤の8回にこれも得意分野である開脚股間接写を交えたスティック飴舐めで勝ち越し。虎の子のリードを守り切りました。
 予選でベテラン原幹恵を破り初出場を決めた矢野でしたが、序盤は実績で勝る戸田に大量リードを許す苦しい展開。しかし91cmのバストを誇る豊満な肢体を生かした攻めで、中盤は猛反撃。黒下着のバストキスや緑下着での荒々しいマッサージで追いつきました。しかしラスト2イニングは戸田の意地に屈した格好となり、白星を逃しました。

【敗者の足跡】
矢野清香(東海・北陸信越ブロック代表、プラチナムプロダクション所属)

予選 ○5−3原幹恵(新潟)●