NEKOSOGI SHAMROCK

グラビアアイドルのDVDをレビューしていくブログ。

第6回IV選手権 決勝 優勝は為近あんな!

◆第6回IV選手権 決勝

倉持由香(千葉25歳GPR2年連続2回目)×為近あんな(奈良24歳リップ初出場)

倉000 321 014 0=11

為110 001 332 1×=12

倉持由香11-12×為近あんな

優勝

為近あんな(初出場初優勝)

準優勝

倉持由香

 

 IV甲子園開催5周年を記念し、32人ものグラビアアイドルが出場という大規模な大会となった第6回選手権を制したのは、初出場の為近あんなでした。為近は奈良県勢としても初の優勝をもたらしました。

 初回、居酒屋での脱衣から豹柄下着の股間接写で幸先よく先取点を挙げた為近。しかし3-5回は無得点が続き、逆に中盤集中打を見せた倉持に試合を引っくり返され、終盤の6回表まで4点のリードを許してしまう苦境に立たされました。

 しかしラッキー7たる7回裏、薄暗い寝室を舞台に黒ボンデージで四つん這いしながら上目使いを交えた濃厚アイス舐めで一挙3点のビッグイニング! ここで試合を振り出しに戻し、かつ8回裏はクリーム色ビキニでの胸尻を執拗に揉んだマッサージで再び3点を追加し逆転しました。

 しかし9回に魔の展開が待っていました。9回表、前人未到の連覇へ燃える倉持が2本の飴舐め&疑似ピストン運動の合わせ技で一挙4点! 逆に為近に2点差をつけ、グッと連覇を引き寄せました。

 それでも為近はあきらめない。9回裏、水色下着であお向けからM字開脚の体勢を取り尻の上下運動。その揺れる股間をみっちりカメラに接写させ、2点をもぎ取り同点。延長戦にもつれこませました。

 IV甲子園春夏11回の歴史において初となる決勝戦での延長戦突入。10回表、先攻の倉持は特典映像。ピンクの眼帯ビキニで胸尻を揺らすダンスで攻めましたが、時間が2分少々の短時間で終了し無得点。そして10回裏の為近は朝のベッドであお向けの体勢を取り両ひじを使い胸寄せし、ギシギシと音を立てながら疑似のピストン運動。目を閉じ首筋を反らす艶のあるリアクションで、きっちりと1点をもぎ取りサヨナラ勝ちを果たしました。

 IV甲子園決勝でのサヨナラ勝ちは史上初。為近は既に無期限の活動休止を発表しており、日付上はきのうとなる3月5日にファイナルを銘打った撮影会を行いました。

 初出場初優勝、奈良県勢初優勝、初の決勝延長戦を経て初のサヨナラ勝ち優勝と、まさに為近は初物づくしを並べて優勝するという偉業を達成し、有終の美を飾りました。

 

 選手権連覇という偉業に挑んだ倉持でしたが、その夢はあと1勝でついえました。決勝戦は先制を許し、序盤3イニングは無得点という立ち上がりの悪さでしたが、4回の車内での体洗われ&愛撫されての喘ぎ声を披露しての一挙3点。5回表はジムを舞台にレオタードの開脚股間接写で2点をもぎ取るなど逆転に成功し、一時は4点リードを保つなど連覇を確実にしたかと思われました。

 しかし為近がボンデージアイス舐めなど猛攻で再びリードを許す。しかし倉持は9回、前述のように2本の飴舐めと疑似ピストン運動で4点を奪い、2点のリード。これで前人未到の連覇を手にしたかと思えましたが、為近の驚異的な粘りに屈しました。それでもIV甲子園での連勝は8に上り、大会の連勝記録を更新。敗れてもなお、その実力の高さをアピールしました。

(文中敬称略)