マサトヰシグロシャムロック「G」

グラビアアイドルのDVDをレビューしていくブログ。

「IV甲子園」復活します!ついでに出場選手16人を発表しますw

 昨夜10時すぎにtwitterで「午前0時すぎに重大発表します」て書きました。約1時間ほど遅れて申し訳ありません。

 重大発表の内容ですが、既にタイトルに書いたのでお分かりと思いますw

 そう、2017年の「第6回IVセンバツ」を最後に2年ほど無期限中止していた

「IV甲子園」が復活します。

 2年ぶりの開催。中止前は「センバツ」「選手権」と年2回開いていましたが、今回は「第7回IV選手権」と名付けます。 

 

 そして、もう既に出場者を選考しましたのであわせて発表します。この選考に時間を費やしたもので、発表が若干遅れたと言い訳しますw

 第7回IV選手権に出場するグラビアアイドルは、以下の16人の選手です。紹介の順番は出身地の北から順に。カッコ内は出身地、満年齢、所属事務所を表記。敬称略。

 

金山睦(北海道/31/PIGROOM)
野々宮ミカ(千葉/27/ASCHE)
松嶋えいみ(埼玉/27/PIGROOM)
藤田あずさ(東京/22/フリー)
前田美里(東京/23/ファーストライン)
川崎あや(神奈川/28/01familia)
森咲智美(愛知/27/RIP)
岬愛奈(長野/25/フリー)

階戸瑠李(石川/31/フリー)
夏本あさみ(京都/26/アイエス・フィールド)
殿倉恵未(大阪/30/アライヴエンタテインメント)
菜乃花(広島/30/フィット)
佐野マリア(鳥取/28/MSエンタテインメント)
音羽紀香(島根/30/イエローキャブプラス)
芳野友美(福岡/39/ハーモニー)
青山ひかる(長崎/26/01familia)

 

 過去に出場経験があるのは金山、松嶋、階戸、菜乃花、青山の5人。最年少は日テレジェニックの肩書を持つ前田の満23歳、最年長は「再現ドラマの女王」芳野の満39歳です。芳野は過去の大会を含めても最年長の出場者になります。

 次回の記事では選手名鑑的に各選手のデータを掘り下げていきたいと思います。

伊織いお「Milkey Glamour」(竹書房)

 新人グラドル・伊織いおが老舗竹書房の老舗シリーズから満を持して放った1stDVD。最上もがみたいな芸名だがw目鼻立ちのくっきりした美貌とIカップともされる90cmバストが売りの満21歳だ。処女作でも、しょっぱなから赤ビキニで迫力ある横乳ショットを披露している。

f:id:masa10ishi96sham69:20190906013608p:plain

(伊織いお「Milkey Glamour」第3チャプターから)

 当の伊織は、DVDリリースイベントの記事で語ったところによると車内のシーンを見どころに推していた。該当するのは第8チャプター。助手席の伊織は、運転席の恋人から脱衣をリクエストされる。人目を気にする伊織は「もう…」「しょうがないなあ…」とこぼしながら、既にシートベルトで胸が強調されていた服をたくし上げたりズボンを下げたりして、クリーム色の下着を露出させる。

f:id:masa10ishi96sham69:20190906014223p:plain

(同上)

f:id:masa10ishi96sham69:20190906014346p:plain

(同上)

 狭い車内。伊織は窮屈そうに体を動かし、ふてくされた表情を見せながらも尻を突き出し、股間を強調してみせる。画像3枚目、ローアングルからの股間接写は本作において貴重。マッサージでは胸揉みと尻揉み(軽いスパンキングあり)はあったが、股間付近の愛撫はないなど全体的に股間へのアプローチは少ないので。

 しかしこの車内チャプターの白眉は、チュッパチャップス舐めだと思う。まずカメラワークが秀逸だ。

f:id:masa10ishi96sham69:20190906015150p:plain

(同上)

f:id:masa10ishi96sham69:20190906015250p:plain

(同上)

f:id:masa10ishi96sham69:20190906015440p:plain

(同上)

 画像5枚目の舐めショットは迫力が段違い。顔の上下が画面から切れるレベルでの接写で、グラドルが飴をくわえ込むショットはなかなかないのでは。

 このカメラの寄りに、伊織は新人ながらよく応えている。画像6枚目。乾いたカメラ目線が、視聴者男性を挑発しているようでいい。舌使いは地味だが、要所で舌を伸ばして飴を舐め上げるなど基本は押さえている。

 とりわけ印象的なのが画像7枚目。伊織は目を閉じて長いまつ毛を強調しつつ、通った鼻筋を飴に近づけてにおいをかぐ仕草をする。こういう演技は寡聞にして知らないが、上品なエロスを感じる。他の作品でも浸透してほしいシーンだ。

 10月には2ndDVDが発売される伊織。美形で巨乳、そして演技派という強みを生かして今後息長く活躍してほしい人材だ。

12 金山睦、悲願の?個人的IVランキング優勝か

金山睦の最新DVD「あなた、ごめんなさい。」(竹書房)を観賞。
結論から言うと、今年の個人的IVランキングの暫定トップ作品に躍り出た。
今年はおろか、ここ10年間で見てきたグラビアDVDの中でも傑作に類すると思う。
久々に見るだけで疲れたw

・2011年から個人的IVランキングをベスト30まで発表し続けてきた。
入れ代わりの激しいグラドル界において、金山は堂々の常連。
8年の総合ランキングで実に5回ものベスト30入りを果たしてきた。
そんな彼女がついに初優勝へ王手。
私も感慨深い。←?

松嶋えいみ「あなたの虜」(イーネットフロンティア)

 2015年1月発売の1st「Heart Mark」(イーネットフロンティア)以降、4年半で18本ものDVDをハイペースにリリースしてきた松嶋の最新作。20本近くもDVDを出し続けると、その分だけ「マンネリ」と言われる危険性も増すのだが、果たして松嶋は冒頭から攻めたエロ演技を見せている。

 エステティシャンに扮した松嶋は、ある男性客の部屋に出張。男性をソファに横たわらせ、リンパマッサージを始める。

f:id:masa10ishi96sham69:20190823014506p:plain

(「あなたの虜」第1チャプターから)

 男性客のズボン(松嶋が用意してはかせたもの)の中に両手を突っ込み、リンパを刺激する松嶋。グラビアDVDでモデルがマッサージを行うシチュエーションなど定番中の定番だが、男性のズボンに手を入れてまで相手をもみほぐすというシーンは寡聞にして知らない。もっとも、男性役としてズボンの中に手を突っ込まれているのは女性スタッフなんだろうがw とはいえ、こうした珍しい演出がその後の妖しい展開を暗示したものとなっている…とは考えすぎか。

 松嶋は男性客にお尻を向ける形でマウントを取り、足のマッサージを続ける。無防備となった尻に、男性客はつい手をかけてしまう。

f:id:masa10ishi96sham69:20190823015419p:plain

(同上)

 こういう展開はグラビアDVDにおいてお約束ではあるが、だいたいモデルの反応は「やめてください」と困った笑顔で注意するのがパターンである。しかし今回の松嶋は一味違う。「お客様…」と言ったきり注意もせず、体を反転させて男性と正対し、制服を脱ぎ始めるのだ。

f:id:masa10ishi96sham69:20190823020042p:plain

(同上)

f:id:masa10ishi96sham69:20190823020117p:plain

(同上)

f:id:masa10ishi96sham69:20190823020208p:plain

(同上)

 まず脱衣のくだり。制服がへそ下まで一気にファスナーを下げるタイプなのがいいね。個人的には、脱衣シーンで使う衣装はボタン式よりもファスナー式かな…て個人的な希望はさておいて。

 ここで松嶋はもう一丁ジャブを入れる。カメラ目線をしながら、白下着に包まれた右胸をぐいっとひと揉み。まるで戦闘態勢に入った合図をかけているかのようにw

 そして松嶋はゆっくりと前傾姿勢を取る。目を閉じた憂いのある表情は、男性客に「好きなようにして…」と誘っているかのようだ。

f:id:masa10ishi96sham69:20190823021225p:plain

(同上)

f:id:masa10ishi96sham69:20190823021257p:plain

(同上)

 男性客は松嶋の87cmのバストを左右から押しつぶすようにもてあそぶ。この愛撫に彼女は「ハア…ハア…」とやるせないような喘ぎ声を放つ。男性側の愛撫の仕方が少しおとなしいんでねえの?という多少のうらみは残るが、このやりとりはまさにセックスであり、きっちりとこなした松嶋とスタッフの心意気を買いたい。

 男性客の愛撫を受け入れた松嶋は、体を預けるようにぐったりと倒れ込む。手の甲に口をつける仕草がエロい。そしてここで放ったセリフ「お客様…気持ちよかったですか?」は、なかなかに考えさせるものがある。

 だって気持ちいいことをされていた(愛撫)のは松嶋の方だしw この辺はエステティシャンとしてのプロ意識が言わせたセリフだろうか。そこまでスタッフが考えていたのかは知らんけどね。

 しかし松嶋の冒頭からのエロ演技はこれで終わらない。

f:id:masa10ishi96sham69:20190823022649p:plain

(同上)

f:id:masa10ishi96sham69:20190823022722p:plain

(同上)

 今度は松嶋がソファで膝立ちとなり、パンストを脱ぎ始める。そのくだりをローアングルでとらえているカメラワークにうなる。おそらく男性客の視点だろうとは思うが、松嶋の振り向きながらの目線やパンストの上げ下げ、左手で尻をつかむのがエロいね。ぬっと男性客の手が伸びて松嶋の尻を愛撫し始めるのだが、それもやむなしかなと感じさせる説得力がある。

 

 私がレビューで紹介するのはここまで。取り上げたのは本編開始から10分足らずだ。視聴し直してみて「もう10分かよ」と感じさせるほど本作は濃厚なスタートダッシュを切り、松嶋の新たなセクシーを見せている。この後のチャプターで松嶋は初のローションプレーに挑んだり、棒に2つの球体がくっついたおもちゃをもてあそんだりしているわけだが、そこは皆さん、実際に確認してくれればと思う。

 そう言えば、松嶋はこのほど事務所を移籍している。新事務所は「PigRoom」といい、今年の5月から活動を始めたようなできたてホヤホヤの事務所だ。ホヤホヤといっても、メンツは松嶋のほかに戸田れい金山睦金子智美、葉月ゆめ、志崎ひなたと多士済済の顔触れである。

 つまり松嶋の最新作「あなたの虜」は、新事務所に移ってから最初のDVDなわけだ。その出発にふさわしく、殻を破ったエロ演技に挑んだ松嶋の今後のさらなる精進に期待したい。それにしてもDVDの題名の「あなたの虜」てシルヴィ・バルタンの名曲を思い出すのだが、それに引っかけてんのかな。

1stDVDリリース前のグラドル「柳光」を推してみる

 いやー暑い。もうお盆ですねえ。

 お盆が明ける8月の下旬になればまた各社からグラビアDVDが多数リリースされますが、その中からデビューを果たすグラドルを1人、紹介したいと思います。

 

 その人の名は柳光さん。

 やなぎ・ひかると読みます。ラインコミュニケーションズから8月20日発売「甘い蜜」でデビューを果たします。

 なぜ私がDVDを観賞する前からこの柳を紹介するのかってえと、実はたわいない話でして。数日前、ちょっくらライン社のサイトから柳のtwitterアカウント(@yanagi_hikaru_)をクリックしてみたんですよ。

 そしたらフォロワー数が20人だったという。もっともこの柳、twitterを開設したのがこの8月に入ってからのもよう。それでもフォロワー数が2ケタ、しかも20人というグラドルがDVDを出すなんてのは聞いたことがないですね。ちなみに先ほど、13日午前0時すぎに柳のtwitterをのぞいたら32人にまで増えていました。

 まあ私も、自分が観賞するDVDのモデルのtwitterフォロワー数を目の皿のようにしてチェックしてはいません。それでも、これまで確認した中でフォロワー数の少ないグラドルつっても500人はいたと思いますからね。だからある意味、柳はものすごく私の目を引く新人だったわけです。

 

 もちろん、フォロワー数の少なさだけで紹介したわけではなく。まだ11回しかツイートしていない柳のtwitterを眺めてみると、なかなか彼女は見どころがあるなと思いました。

 その前に改めて柳のプロフィールを見ると、11月26日生まれで生年不詳。ミステリアスですなあ。身長は175cmとグラビア界トップレベルの長身。染谷有香と同じサイズですね。(※)

 柳のこれまでの数少ないツイートでは「甘い蜜」の撮影中のショットを披露しています。その中で、ベッド上での黒下着のシーンについて語ったツイートがこちら。

 

 (柳光の8月8日付ツイートから)

 

 いやあ、1本取られた感じで笑いましたわ。画像を見ているとどう考えても注目ポイントは垂直にピンと伸ばした長い足、そして開脚股間だろうって感じですが本人は足の裏の見せ方にこだわったと。グラビアのセンス、あると思いますよ。←天津木村? 自分をどう見せるか、頭の中で組み立てて撮影に臨むことができるグラドルってのは、伸びしろがあります。

 この期に及んで今さら名前の話ですが「柳光」と2文字なのもインパクトがありますね。2文字のグラドルつったらご存じ壇蜜。または若手で園都。「柳光」って音読みをしたくなりますね。りゅうこう。

 うむ、落語家さんの名前っぽい。春風亭柳光w

 てなわけでグラドル界下半期の秘密兵器、柳光の颯爽(さっそう)としたDVDデビューに期待しています。

 

(※)染谷は長らく活動休止状態だったようだが、先日老舗事務所のホリプロに移籍。『週刊ポスト』(小学館)の連載企画に起用されるなど、幸先のよい再スタートを切ったもようである。

【速報版】2019年上半期個人的IVランキングベスト20を発表します

 お待たせしました。取り急ぎ、今年上半期(1月~6月リリース分)の個人的IVランキングを20位まで発表します。

 敬称略。順位、氏名、作品名、メーカー名の順に表記。

 

1位 森咲智美「more…」(イーネットフロンティア)

 

2位 岩本和子「絶頂」(ラインコミュニケーションズ)
3位 緒方咲「恋、咲きみだれて」(ギルド)

 

4位 鈴原りこ「天使のユウワク」(ラインコミュニケーションズ)
5位 古河由衣「育愛日和」(ラインコミュニケーションズ)
6位 夏来唯「君とScandal」(イーネットフロンティア)
7位 あべみほ「むきだしの愛」(竹書房
8位 佐野マリア「マリアに恋して」(ギルド)
9位 開坂映美「えみんつぇる」(ラインコミュニケーションズ)
10位 藤原みりん「愛しのみりんぱい」(ラインコミュニケーションズ)

 

11位 雨宮奈生「みんな嘘つき」(スパイスビジュアル)
12位 前田美里「サイレント・ラブ」(竹書房

13位 小柳歩「かてきょ」(エアーコントロール)
14位 夏本あさみ「夏まで待てない!」(ラインコミュニケーションズ)
15位 安位薫花様年華」(スパイスビジュアル)
16位 山本ゆう「Milkey Glamour」(竹書房
17位 高杉杏「Milkey Glamour」(竹書房
18位 金山睦「エロチカヘブン」(ギルド)
19位 大川成美「いけない関係」(イーネットフロンティア)
20位 藤堂さやか「Dynamite Lady」(ラインコミュニケーションズ)

 

※森咲は2017年上半期ランキングでの「Virginal」(竹書房)以来の1位獲得。同年の総合ランキングでは優勝を果たしており、2年ぶり2回目の総合優勝にリーチを掛けました。

2019年上半期の個人的IVランキングのベスト20候補作品を挙げておく

 ごぶさたしております。

 …いやー、「月日は百代の過客にして」とはよう言うたもんですわなあ!←何このキャラ? もう1年の半分が終わろうとしているぜ。

 毎年この時期になると、拙ブログで恒例にしてきた個人的IVランキングの上半期ベスト20をやるんだよね(他人事?)。その件なんですが、結論から言うともうしばしお待ちいただきたいということです。

 ぶっちゃけると、まだ順位付けできる状況ではないんですわ。具体的には、6月発売の最新作群は購入自体ができていないんですよ。

 「おめー、ブログの更新自体おざなりにしていてさらにそれかよ!」とお怒りの方もいようかと思います(ひょっとして皆さん既にあいそを尽かした?)。だからといおうか、これが代わりとは言いませんけれども、現時点(1~5月発売作品)で上半期ベスト20入りが有力なグラビアDVDを以下に紹介したいと思います。

 グラドルの氏名を五十音順に紹介、敬称略。作品名、メーカー名と続きます。

 

◆2019年上半期個人的IVランキングベスト20候補作品

雨宮奈生「みんな嘘つき」(スパイスビジュアル)
岩本和子「絶頂」(ラインコミュニケーションズ)
大川成美「いけない関係」(イーネットフロンティア)
緒方咲「恋、咲きみだれて」(ギルド)
加賀美あみ「ハート・デート」(竹書房
金山睦「エロチカヘブン」(ギルド)
小柳歩「かてきょ」(エアーコントロール)
佐野マリア「マリアに恋して」(ギルド)
鈴原りこ「天使のユウワク」(ラインコミュニケーションズ)
高杉杏「ミルキー・グラマー」(竹書房

高梨瑞樹「みずきっす」(ラインコミュニケーションズ)
夏来唯「君とScandal」(イーネットフロンティア)
夏本あさみ「夏まで待てない!」(ラインコミュニケーションズ)
藤原みりん「愛しのみりんぱい」(ラインコミュニケーションズ)
古河由衣「育愛日和」(ラインコミュニケーションズ)
前田美里「サイレント・ラブ」(竹書房
松嶋えいみ「あの日のえいみ」(エアーコントロール)
森咲智美「more…」(イーネットフロンティア)
安位薫「ピュア・スマイル」(竹書房
柳川あい「天使のヒミツ」(ラインコミュニケーションズ)

山本ゆう「ミルキー・グラマー」(竹書房
柚木えりな「君のそばに」(スパイスビジュアル)

 

 以上の22作品になります。先に書いたように6月発売作品はまだ購入すらしていないので、それらの作品群の評価次第で、がらりとランキングの顔触れが変わる可能性が十分にあります。

 拙ブログの読者ならご承知おきかと思いますが、ベスト20入りに挙がった一人の岩本和子は、5月に熱海駅で傷害事件を起こして逮捕されました。その経緯もあって候補に入れるかは迷いましたが、結局入れることにしました。

 なるたけ早く6月作品を観賞および上半期の候補作品を精査し、ベスト20を紹介したいと思います。もう少々お待ちください。

 あ、新カテゴリー「ランキング」を設置しました。