NEKOSOGI SHAMROCK

グラビアアイドルのDVDをレビューしていくブログ。

第7回IV選手権1回戦全8試合の対戦カード決定

◆1回戦

第1試合

川崎あや(神奈川26歳01Familia2年連続2回目)×志崎ひなた(奈良20歳フリー初出場)

第2試合

伊藤里織(茨城24歳プリュ初出場)×殿倉恵未(大阪28歳アライヴエンタテインメント初出場)

第3試合

柳瀬早紀(千葉29歳10POINT2年連続2回目)×菜乃花(広島28歳フィットワン2年ぶり2回目)

第4試合

西堀智美(東京20歳e2diveエンターテインメント初出場)×森咲智美(愛知25歳リップ初出場)

第5試合

高橋亜由美(群馬30歳フォービズムエンターテインメント初出場)×石原佑里子静岡県23歳元アッシュ初出場)

第6試合

金山睦(北海道29歳オスカープロモーション4年ぶり2回目)×いとうあこ(三重34歳トミーズアーティストカンパニー初出場)

第7試合

森下悠里(東京32歳アッシュ2年連続4回目)×青山ひかる(長崎24歳エンターマックスプロモーション2年連続2回目)

第8試合

松嶋えいみ(埼玉25歳エーディープロモーション2年連続2回目)×藤木美咲(福岡24歳ヴェスカエンターテイメント初出場)

(敬称略)

 

 開幕試合はミスFLASH2016の川崎と昨年の優勝者・為近あんなを輩出した奈良代表の志崎が対戦します。第3試合は2年前の準優勝者・菜乃花と前回8強の柳瀬が初対決。もう1人の昨夏ベスト8・松嶋は第8試合で藤木と対決します。

 今年のセンバツで準優勝、4季連続出場の青山は何と2年連続で同じ相手と顔合わせに。相手は先般結婚を発表したベテラン森下ですが、前回は10-4で青山が勝利。返り討ちか、森下のリベンジなるか。

 組み合わせはリアルの高校野球選手権と同じく、準々決勝、準決勝で改めて抽選します。

 

 さてこれも恒例ですが、私見ながら今大会の本命、対抗、大穴の選手を予想したいと思います。

 

本命→森咲智美

対抗→松嶋えいみ青山ひかる、藤木美咲

大穴→伊藤里織、石原佑里子

 

 本命は個人的IVランキング上半期1位を取り、勢いのあるグラビアを展開する森咲を推しました。仮に優勝すれば、愛知県勢として初の優勝者となります。

 対抗馬は3人。コンスタントにハイレベルなDVDのリリースを続けている昨夏8強の松嶋、センバツ準優勝の勢いを駆る青山、初陣ながら個人的IVランキング上半期6位をマークした藤木を推しました。

 大穴は2人。初出場ながら堅実なグラビアで攻める伊藤、デビュー間もなくブレークしながらも惜しまれつつ引退した石原に大会をかき回してほしいと思います。

 さあこれから順次、1回戦の試合を実施していきます。

 リアルには夏も終わりましたが、この夏最強のグラビアアイドルの称号は誰が得るのか。ご期待ください。

第7回IV選手権出場グラドル16人の選手名鑑

 既にtwitterで報じましたが、第7回IV選手権の出場者16人を発表しました。

 その詳報と言いますか、まあ恒例の選手名鑑を今回やっています。

 項目は①生年月日(満年齢)②所属事務所③デビュー年④身長⑤スリーサイズ⑥リリースDVDの通算本数(コラボ作品は除く)⑦備考になります。敬称略。

 

◆北海道代表
金山睦
かなやま・ちか
(4年ぶり2回目)
①1988年06月19日(29歳)
オスカープロモーション
③2006年(12年目)
④165
⑤80-59-85
⑥8本
⑦ミスFLASH2012。改名前の遠野千夏時代に第3回IV選手権ベスト8。個人的IVランキング2011年17位、2012年19位、2013年5位と3年連続ベスト20をマークした猛者がIV甲子園に帰ってきた。
攻撃力→B守備力→A機動力→B
総合評価→B

茨城県代表
伊藤里織
いとう・さおり
(初出場)
①1993年04月10日(24歳)
②プリュ
③2015年(3年目)
④154
⑤87-58-86
⑥5本
⑦春夏通じて初出場。個人的IVランキング2015年下半期19位。小柄ながら均整の取れた肢体と白い肌、上目使いを効果的に使用したグラビアで存在感を見せる。
攻撃力→B守備力→B機動力→B
総合評価→B

群馬県代表
高橋亜由美
たかはし・あゆみ
(初出場)
①1987年08月18日(30歳)
フォービズムエンターテインメント
③2004年(14年目)
④160
⑤86-58-85
⑥14本
⑦春夏通じて初出場。元キャンパスナイターズ。令嬢風の穏やかな美貌から氷舐めも辞さない大胆プレーが持ち味だ。
攻撃力→B守備力→B機動力→C
総合評価→C

◆埼玉県代表
松嶋えいみ
まつしま・えいみ
(2年連続2回目)
①1992年04月07日(25歳)
②エーディープロモーション
③2014年(4年目)
④168
⑤87-60-86
⑥11本
⑦第6回IV選手権ベスト8。個人的IVランキング2016年15位。豊満なスタイルと妖艶な唇、長い脚のスペックで激しいグラビアを展開する。今大会は優勝を狙う。
攻撃力→A守備力→A機動力→B
総合評価→A

◆千葉県代表
柳瀬早紀
やなせ・さき
(2年連続2回目)
①1988年04月23日(29歳)
②10POINT
③2014年(4年目)
④152
⑤100-65-89
⑥13本
⑦第6回IV選手権ベスト8。個人的IVランキング2016年14位。2年連続、今大会も最大のバストサイズを武器に重量感あふれる攻めを見せる。
攻撃力→B守備力→B機動力→B
総合評価→B

◆東京都代表(2)
西堀智美
にしほり・さとみ
(初出場)
①1997年08月28日(20歳)
②e2diveエンターテインメント
③2016年(2年目)
④153
⑤91-60-88
⑥4本
⑦春夏通じて初出場。個人的IVランキング2016年18位。キャリア2年目にして早くもIV甲子園の土を踏む。肉感的なスタイルと動きにキレのあるグラビアで、台風の目となるか。
攻撃力→A守備力→B機動力→B
総合評価→B

森下悠里
もりした・ゆうり
(2年連続4回目)
①1985年01月30日(32歳)
②アッシュ
③2003年(15年目)
④160
⑤90-55-90
⑥42本
⑦IVセンバツ第2回優勝。個人的IVランキング2016年25位。DVDリリース40本超えの大ベテランも、今年結婚を発表。IV甲子園初の複数回優勝で有終の美を飾りたい。
攻撃力→A守備力→B機動力→B
総合評価→B

◆神奈川県代表
川崎あや
かわさき・あや
(2年連続2回目)
①1991年01月03日(26歳)
②01Familia
③2014年(4年目)
④165
⑤83-58-84
⑥9本
⑦ミスFLASH2016。個人的IVランキング2016年9位、2015年17位。「くびれスト」の異名を取るスレンダーな肢体からの、四つん這いのうまさや接写の強さには定評がある。
攻撃力→B守備力→B機動力→A
総合評価→B

静岡県代表
石原佑里子
いしはら・ゆりこ
(初出場)
①1994年09月11日(23歳)
②元アッシュ
③2015年(3年目)
④162
⑤90-58-92
⑥4本
⑦健康美と色気のバランスが取れた正統派グラドルとして活躍を見せ将来を嘱望されたが、今年4月に電撃引退。葉加瀬マイ木嶋ゆりと好成績を残してきた静岡県代表として爪痕を残せるか。
攻撃力→C守備力→C機動力→C
総合評価→C

◆愛知県代表
森咲智美
もりさき・ともみ
(初出場)
①1992年08月12日(25歳)
②リップ
③2010年(8年目)
④160
⑤89-58-88
⑥7本
⑦春夏通じて初出場。個人的IVランキング2016年20位、2017年上半期1位。「愛人キャラ」を打ち出し、野性的な瞳で自ら挑発する攻撃的グラビアには勢いがある。優勝候補の一角。
攻撃力→A守備力→A機動力→A
総合評価→A

三重県代表
いとうあこ
いとう・あこ
(初出場)
①1983年11月04日(34歳)
トミーズアーティストカンパニー
③2004年(14年目)
④157
⑤90-60-90
⑥18本
⑦2000年代後半に活躍したグラドル黄金期を知るレジェンドがIV甲子園初出場。ぽてっとした唇とアンニュイな表情、豊満な肢体を武器に息長く活動してきた。
攻撃力→B守備力→C機動力→C
総合評価→C

奈良県代表
志崎ひなた
しざき・ひなた
(初出場)
①1997年01月21日(20歳)
②フリー
③2014年(4年目)
④172
⑤95-59-96
⑥6本
⑦春夏通じて初出場。身長172cmは今大会の最長身。清楚なルックスと恵まれた肢体、大胆プレーにもどん欲な姿勢を見せる注目株で、初戦突破をめざす。
攻撃力→C守備力→C機動力→B
総合評価→C

大阪府代表
殿倉恵未
とのくら・めぐみ
(初出場)
①1989年07月22日(28歳)
アライブエンタテインメント
③2014年(4年目)
④166
⑤91-62-89
⑥6本
⑦春夏連続出場。個人的IVランキング2016年16位。シャープな美貌、肉づきの恵まれたヒップを強調したグラビアでセンバツ8強。夏はそれ以上の成績を狙う。
攻撃力→B守備力→A機動力→B
総合評価→B

広島県代表
菜乃花
なのか
(2年ぶり2回目)
①1989年07月07日(28歳)
フィットワン
③2011年(7年目)
④160
⑤90-58-86
⑥12本
⑦第5回IV選手権準優勝。個人的IVランキング2016年19位。2年前は4試合合計52得点の猛打を振るいながら、決勝で倉持由香(千葉)にサヨナラ負け。今大会の目標は当然リベンジだ。
攻撃力→A守備力→B機動力→A
総合評価→A

◆福岡県代表
藤木美咲
ふじき・みさ
(初出場)
①1993年09月13日(24歳)
②ヴェスカエンターテイメント
③2015年(3年目)
④166
⑤86-59-85
⑥5本
⑦春夏通じて初出場。個人的IVランキング2016年22位。ミスユニバースジャパン福岡大会ファイナリストの実績を有する。おとなびたルックスに似合わぬ甘い声、尻股間強調のグラビアが武器だ。
攻撃力→A守備力→A機動力→B
総合評価→A

長崎県代表
青山ひかる
あおやま・ひかる
(2年連続2回目)
①1993年06月13日(24歳)
②エンターマックスプロモーション
③2013年(5年目)
④154
⑤95-59-90
⑥16本
⑦4季連続出場。第6回IVセンバツ準優勝。個人的IVランキング2014年3位、15年6位、16年13位。今春は九州勢初の決勝進出と飛躍、しかし平塚奈菜(東京)に敗れ涙をのんだ。今度こそ優勝を。
攻撃力→A守備力→B機動力→A
総合評価→A

第6回IVセンバツ決勝戦、優勝は平塚奈菜!

◆決勝戦

平塚奈菜(東京)「美艶」(エスデジタル)×青山ひかる(長崎)「アイから始まる…」(エスデジタル)

平 104103240=15

青 001101020=5

平塚奈菜15-5青山ひかる

優勝

平塚奈菜(東京都・初優勝)

準優勝

青山ひかる長崎県

※平塚選手の戦績

1回戦 11-5階戸瑠李(石川県)

準々決勝12-4廣瀬聡子(福岡県)

準決勝 17-5萌奈美(福岡県)

決勝  15-5青山ひかる長崎県

総得点 55

総失点 19

得失点差36

 

 第6回となるIVセンバツ大会、紫紺のグラビア大優勝旗を手にしたのは東京代表の平塚奈菜選手。通算3回目のIV甲子園出場にして、悲願を果たしました。

 決勝戦の相手は、こちらも通算4回目のIV甲子園で初の決勝入りを果たした長崎代表の青山ひかる選手。平塚選手にとっては昨年5月、配信番組「SHOWROOM」で共演した間柄でもあります。

 結果から言えば、IV甲子園初である「2ケタ点差をつけて勝利」という平塚さんの圧勝で締めくくりました。1回、変形赤水着でバランスボールに腰を乗せ高速上下運動の股間接写し先取点。3回に眠ったていで紫下着の肢体をマッサージ、M字股間の付け根愛撫や胸の高速揉みを披露して一挙4点を奪い、試合の主導権を握りました。

 6回は車内での飴舐めにノーブラ胸での高速上下運動、7回は金色ビキニでベッド上の高速尻上下運動、そして8回はいとおしそうに棒アイスを素手で愛撫しながら恍惚の表情で舐め上げるという怒涛の猛攻。3イニングで合計9得点を追加し、青山に10点差をつけて大勝しました。

 平塚選手は文字通り、記録づくめの優勝を果たしました。まず32歳5カ月での優勝は、IV甲子園の最年長記録。第3回選手権(2013年夏)優勝・尾崎ナナ選手(大阪府)の31歳2カ月の従来の記録を更新しました。

 1回戦から決勝までの合計得点55も、IV甲子園の優勝者の中で最高記録。50得点を超えたのも、平塚選手が初めてです。また4試合すべてで2ケタ得点をマークして優勝したのも平塚選手が初でした。

 そして得失点差の36点は、これまでのIV甲子園優勝者で最多です。1試合平均で9点差をつけて勝利していたという点で、平塚選手がいかに圧倒的な力を発揮して頂点に立ったかが分かるのではないでしょうか。

 平塚選手のここまでの道のりは、決して平たんではありませんでした。記念すべきIV甲子園初出場となった第5回選手権(2015年夏)は、この大会準優勝の菜乃花選手(広島)との打撃戦の末、12-14で初戦敗退。翌年の第5回センバツ(2016年春)は村上友梨選手(広島)に9-4で初勝利を挙げたものの、またもこの大会準優勝の伊藤菜ノ香選手(兵庫)に5-9で敗れ、涙をのみました。

 そんな平塚選手にとって今回の第6回IVセンバツは「三度目の正直」で臨んだ舞台。拙ブログで発表している「個人的IVランキング」では2015、16年の連続優勝を果たしており、大会では優勝候補の本命と目されるプレッシャーのかかったたたかいとなりましたが、それをはねのけての優勝をかちとりました。「個人的IVランキング優勝」と「IV甲子園」優勝の2冠獲得は、戸田れい選手(東京)、柏木美里選手(千葉)に続く3人目となりました。

 平塚奈菜選手、優勝おめでとうございます。

 

 準優勝の青山ひかる選手も、見事なたたかいでした。実に3年連続となるIVセンバツでしたが、過去2回はいずれも1点差で初戦敗退、しかも昨年は延長サヨナラ負けを喫するなど苦杯を舐めてきました。

 しかし昨夏の第6回選手権で悲願の初勝利を果たし、3季連続出場で臨んだ今回のセンバツは勝負強さを発揮しました。1回戦は同い年の実力派、松岡里英選手(群馬)を14-12という壮絶な打撃戦の末に勝利。準々決勝は殿倉恵未選手(大阪)の猛反撃をしのぎ11-10で逃げ切り、準決勝は昨夏4強の小柳歩選手(神奈川)をシーソーゲームの末8-7で破るなど強豪を接戦で下す勝負強さを発揮しての決勝進出でした。

 決勝は平塚選手の切れ目ない攻めに一度も同点に追いつくことなく大敗を喫し、九州地方に初の紫紺の優勝旗を持ち帰ることはできませんでした。しかし「グラビア界の猫娘」という異名に恥じない、95cmのバストを生かした野性味あふれるたたかいを見せた青山選手は、まだ24歳。まだIV甲子園で披露していない作品ストックも多いので、今後の躍進が期待されます。

 

 センバツ大会と銘打っておきながら、大会終了が8月にずれ込むという状況には反省しきりですが、つつがなく第6回IVセンバツは全日程を終了することができました。

 現実世界ではリアルの高校野球選手権大会が開かれ、日々熱戦が繰り広げられています。球児たちのプレーに刺激を受けつつ、私IV甲子園大会委員長のマサトヰシグロシャムロックは、第7回選手権の準備に取りかかっています。

 近いうちに、第7回IV選手権の出場者等もろもろの詳細を発表する予定です。ベテラン平塚奈菜選手の優勝で、IV甲子園界も新たな時代に突入すると思います。うだるような暑さが続く時期ですが、拙ブログ読者のみなさまにおかれましては、変わらずIV甲子園のご愛顧をお願いしたい所存でございます。

 第7回IV甲子園開催の日に、またお目にかかりましょう。

第6回IVセンバツ準決勝の結果&決勝進出者決定!

◆準決勝

第1試合

平塚奈菜(東京)「30+α」(シャイニングスター)17-5萌奈美(福岡)「Tentation」(グラッソ)●

平 131410151=17

萌 021100010=5

第2試合

青山ひかる(長崎)「アイして欲しいの」(ラインコミュニケーションズ)8-7小柳歩(神奈川)「内緒な彼女」(エアーコントロール)●

青 102010211=8

小 010131100=7

 

 決勝進出選手は以下の通り。カッコ内は出身地満年齢所属事務所出場回数。

平塚奈菜(東京都32歳アーティストボックス2年連続2回目)

青山ひかる長崎県24歳エンターマックスプロモーション3年連続3回目)

※平塚は大会通算3人目の30歳代ファイナリスト。青山は最も通算出場回数(3回)を要してのファイナル進出。どちらが勝ってもIV甲子園初優勝。ちなみに両者は昨年5月インターネット配信番組「SHOWROOM」で共演経験あり。

 

◆決勝

平塚奈菜(東京)×青山ひかる(長崎)

第6回IVセンバツ準々決勝の結果&ベスト4出そろう

◆準々決勝

・第1試合

平塚奈菜(東京)「30」(シャイニングスター)12-4廣瀬聡子(福岡)「平野聡子ラストグラビア」(エアーコントロール)●

平 021102501=12

廣 001201000=4

※平塚、IV甲子園出場3回目にして初のベスト4。昨年グラビアを卒業した廣瀬は自己最高ベスト8の成績更新できず。

・第2試合

○萌奈美(福岡)「Dear…mon amie」(イーネットフロンティア)9-3安枝瞳(大阪)「瞳の中の瞳」(イーネットフロンティア)●

萌 010120230=9

安 000010101=3

※萌奈美、IV甲子園初出場でベスト4入り。グラビアDVDリリース卒業を宣言した安枝、大阪勢ひさびさの4強ならず。

・第3試合

●殿倉恵未(大阪)「Take off」(イーネットフロンティア)10-11青山ひかる(長崎)「アイに変わるとき」(シャイニングスター)○

殿 020111311=10

青 21130013×=11

※春は廣瀬同様3年連続の青山、競り勝って初のベスト4。殿倉、安枝と同様ひさびさの大阪勢4強を逃す。

・第4試合

○小柳歩(神奈川)「しのび湯」(スパイスビジュアル)8-0谷桃子(茨城)「Memories」(バップ)●

小 011220110=8

谷 000000000=0

※小柳、今大会初の完封勝利で夏春連続のベスト4達成。昨年グラビア卒業したベテラン谷、通算4回目のIV甲子園で初白星を飾る花道。

 

☆ベスト4進出選手

平塚奈菜(東京都32歳アーティストボックス2年連続2回目)

萌奈美(福岡県31歳所属不明初出場)

青山ひかる長崎県24歳エンターマックスプロモーション3年連続3回目)

小柳歩(神奈川県26歳01familia初出場)

※夏春連続4強の小柳以外の3人は、初のベスト4進出。

 

◎準決勝組み合わせ

第1試合

平塚奈菜(東京)×萌奈美(福岡)

第2試合

青山ひかる(長崎)×小柳歩(神奈川)

※平塚が勝利すれば個人として初、東京勢としては伊藤しほ乃(第5回優勝)に続く通算4人目のIVセンバツ決勝進出。

 萌奈美が勝利すれば個人としても、福岡勢としても初の決勝進出。

 青山が勝利すれば個人としても、長崎勢としても初の決勝進出。

 小柳が勝利すれば個人として初、神奈川勢としても初の決勝進出(夏の選手権では多田あさみが優勝)。

2017年上半期個人的IVランキングを20位まで発表します

 ごぶさたしております。半年に一度の恒例記事、2017年上半期の個人的アイドルDVD(IV)ランキングを20位まで発表します。

 昨年の上半期1位は、総合優勝を勝ち取った平塚奈菜「30+α」(シャイニングスター加納典譲監督)でした。果たして平塚の上半期連覇は成し遂げられたのか? 20位までのランキングは、以下の通りになりました。

 

1位

森咲智美「Virginal」(竹書房加納典譲

f:id:masa10ishi96sham69:20170710021947j:plain

(「Virginal」表裏ジャケ画像)

2位 うさまりあ「うさマニア」(竹書房ノムラヨシキ)
3位 藤田あずさ「Pure Smile」(竹書房中北直)

4位 平塚奈菜「32」(シャイニングスター中北直)
5位 大塚びる「甘いくちびる」(イーネットフロンティア関谷隆正)
6位 藤木美咲「ずっと好きだった…」(エアーコントロール安倍雄治)
7位 金子智美「乱れるキモチ」(イーネットフロンティアノムラヨシキ)
8位 西島ミライ「ミライ日記」(イーネットフロンティアノムラヨシキ)
9位 伊藤早由利「Milkey Glamour」(竹書房中北直)
10位 西堀智美「従順乙女」(イーネットフロンティア中北直)

11位 月城まゆ「ミスFLASH2017」(イーネットフロンティア中北直)
12位 稀水こはく「現役看護師さん」(竹書房中北直)
13位 北内みさと「Journey」(竹書房加納典譲
14位 橋本梨菜「Rina Sunshaine」(イーネットフロンティア中北直)
15位 岬愛奈「Milkey Glamour」(竹書房安倍雄治)
16位 今野杏南「アンナあなたに恋をして」(双葉社中北直)
17位 三浦はづき「綺麗なお姉さんは好きですか?」(イーネットフロンティアノムラヨシキ)
18位 一之瀬瞳「瞳に恋して」(イーネットフロンティア中北直)
19位 藤田恵名「告白ラテアート」(ギルド上村知之)
20位 小柳歩「内緒な彼女」(エアーコントロール上村知之)

 

 上半期1位をかちとったのは森咲智美。昨年総合20位から一気にジャンプアップしました。加納監督と2回目のタッグを組んだ「Virginal」では、吹っ切れたかのように積極的なセクシー演技をあまたのチャプターで披露。競泳水着の胸元を引っ張り谷間を見せながらのものほしそうなセクシーな表情(チャプター5)、長いまつ毛をしばたたかせながら吸い込みの激しい、かつ舌が躍動するアイス舐め(チャプター7)、ポーターの衣装で谷間に洗剤を塗り込みガラス戸に擦りつけるなど体当たりのエロ演技をやり切り「ポスト橋本マナミ」の名に恥じない成績をマークしました。

f:id:masa10ishi96sham69:20170710013809j:plain

(「Virginal」第5チャプターから)

f:id:masa10ishi96sham69:20170710014314j:plain

(「Virginal」第7チャプターから)

f:id:masa10ishi96sham69:20170710015627j:plain

(「Virginal」第8チャプターから)

 2位、3位はどちらも処女作でランクインという新人2人が猛威を振るいました。

 2位のうさは親しみやすい黒髪のルックスに似合わぬ105cmのバストを誇り、そうしたスペックに甘んじずに疑似ピストン運動、風呂場で体を洗われ喘ぎ声連発というサービス精神をデビュー作にもかかわらず発揮したことで、好成績をかちとりました。

 銅メダルたる3位に滑り込んだのは、弱冠22歳でデビュー作ながら並々ならぬ潜在能力を発揮した藤田でした。ネジ状の飴や棒アイスをいとおしそうに音を立ててしゃぶるプレー、疑似ピストン運動にもきっちり両ひじで胸を寄せて短い喘ぎ声を立てるなど、新作が楽しみになる将来有望ぶりを示してくれました。

 昨年の年間優勝、ディフェンディングチャンピオンたる平塚は上半期4位の成績に終わりました。キャリア初となるロデオマシンでの恍惚とした表情、鉄板である風呂場での尻マッサージなどまさに実力を出し切った出来栄えではありましたが、平塚さんの実力はこんなものでは決してないはず。森下悠里が結婚、杉原杏里や今野杏南などベテランがグラビアDVDの卒業を宣言するなど、ここにきてベテラン枠は空きができつつある。そこを見逃すことなく、平塚さんには「牢名主」たるベテラングラドル枠に収まり、若手グラドルをビシビシしごくポジションを築いていただきたいところだ。

第6回IVセンバツ1回戦Bブロックの試合結果

第1試合

多田あさみ(東京)「ロマンシア」(竹書房)4-10殿倉恵未(大阪)「Perfect Kiss」(竹書房)○

多 000010201=4

殿 11003140×=10

※第3回IV選手権(2014)覇者の多田を初陣殿倉が一蹴。マッサージなど中盤の猛攻が冴えた。

 

第2試合

松岡里英(群馬)「ぷるりえ」(ラインコミュニケーションズ)12-14青山ひかる(長崎)「ミルキーグラマー」(竹書房)○

松 011012133=12

青 10121342×=14

※満24歳同い年対決は打撃戦の死闘。カメラ目線を決めてのバストキスなど豊満な肢体を生かしきった責めで青山が逃げ切り2季連続の初戦突破。

 

第3試合

辰巳奈都子(東京)「うらはら」(イーネットフロンティア)9-13小柳歩(神奈川)「溺レル」(ラインコミュニケーションズ)○

辰 020310210=9

小 02202205×=13

※昨夏の選手権4強の小柳が2季連続の初戦突破。粘るベテラン辰巳を濃厚なローションマッサージで一挙5点を上げ突き放す。

 

第4試合

谷桃子(茨城)「桃想花」(イーネットフロンティア)7-5金子智美「ヘビロテ注意報」(竹書房)●

谷 101103100=7

金 021020000=5

※既にグラビア卒業を宣言したベテラン谷、IV甲子園出場通算4回目にして涙の初勝利。初陣金子は過激な飴舐めやマッサージで前半優位も後半失速した。

 

 これにて1回戦8試合がすべて終了し、ベスト8進出選手は以下の通り。カッコ内は出身地、満年齢、所属事務所、出場回数を明記。

平塚奈菜(東京32歳アーティストボックス2年連続2回目)

廣瀬聡子(福岡24歳アッシュ3年連続3回目)

萌奈美(福岡31歳不明初出場)○

安枝瞳(大阪29歳スタイルプロモーション初出場)○

殿倉恵未(大阪28歳アライヴエンタテインメント初出場)○

青山ひかる(長崎24歳エンターマックスプロモーション3年連続3回目)

小柳歩(神奈川26歳01ファミリア初出場)

谷桃子(茨城33歳2TOUCH4年ぶり2回目)○

※○は春夏通じて初めてIV甲子園初戦突破

 

 準々決勝の対戦カード4試合は以下の通り。

第1試合

平塚奈菜(東京)×廣瀬聡子(福岡)

第2試合

萌奈美(福岡)×安枝瞳(大阪)

第3試合

殿倉恵未(大阪)×青山ひかる(長崎)

第4試合

小柳歩(神奈川)×谷桃子(茨城)

※昨夏4強の小柳以外の選手は、誰が勝っても初のIV甲子園準決勝行きとなります。